読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を観た記録

映画の感想を書きます

ブラック&ホワイト(This Means War)

f:id:driedfruits:20160810023743j:plain

トムハが当て馬を演じている奇妙な映画

 

 

この女を取り合ってハンサム二人が大騒ぎするほどにリースウィザースプーンって魅力あるか?!!!?

 

ということが頭から離れなかったので、結局クリスパインとくっつこうが何しようがほんとにどうでもよかったんですが、最後までタックを間抜けなピエロに仕立てるために、「お前の奥さんとも寝たことがある」とクリスパインが暴露するくだり、本当にいらないと思った。

あれを追加することで映画が良くなりましたか!??? 

 

もしくは「FDRはとにかくタックに構う女全てが気になってしょうがないという、二人のブロマンス的な関係を強調したかった」というなら余計なお世話すぎる(冒頭から「やたらブロマンスに推してくるな…」と辟易してたところに最後のダメ押しを食らった)。

 

あと、勝ち馬としてのクリスパインを引き立たせるために相対的にタックを芋っぽく作っている雰囲気を感じた。

トムハの背が周りの男達の中でで一番低いことがとても強調されてたし、体型も痩せ型、髪型もなんの洒落っ気もない中学生みたいなスポーツ刈り…。微妙な当て馬として作り込まれてたのは見事。

そんな役回りでも三枚目になりきれずに格好いいので「すごいなあ〜〜〜」と改めて思ったが正直こんな役のトムハはもう見なくていいや。

 

気を取り直してウォリアーやインセプションなどを観返したくなる映画でした。