映画を観た記録

映画の感想を書きます

南極料理人

f:id:driedfruits:20160620025857j:plain2009年公開

シットコム@南極

 

 

キャラがギンギンに立っている男たちの南極合宿の様子を見つめ続ける映画。
水曜どうでしょう的なノリなのでひたすらガハハと笑いながら観た。
どこをどう切っても愉快なエピソードが金太郎飴にみたいに出てきて楽しい。

ミッドウィンター祭とか生瀬勝久誕生会などの明らかに楽しい話だけでなく、ちょっとしたエピソードも良かった。

 

渋谷とか行きてえ〜と絶望する高良健吾

f:id:driedfruits:20160620143654j:plain

昔僻地(しかも島)で暮らしていたことがあって、その時に全く同じように考えていたのでめちゃめちゃ共感した。
「新宿とか行きたい…文化に触れたい…」とストレスを溜めまくっていたあの頃の気持ちを鮮烈に思い出したぞ。。
人間は「移動の自由」と「新しいものを手に入れる喜び」を奪われるとかなり鬱々としてくるので気をつけたいと思ったものです。

 

20年越しの夢が叶った宇梶

f:id:driedfruits:20160620143658j:plain

いつか南極に行くことを夢見て、写真を天井に貼って毎晩眺めていた。そしてその夢がついに叶いました!!
この宇梶のシーン、ものすごくジ〜ンとさせられた。
人が夢を叶えることとか、己の無意識に訴えかけるための日常行動とか、私の好きなテーマがモリモリ入ってるエピソードだった。シーンとしては五分もかからず終わっていくんだけど、このあとのみんなで胴上げするシーンも含めてとてもニコニコさせてくれるいいシーン。妙に印象深い。

 

他にもたくさんのお気に入り小話があったので色々言いた気もするが、キリがないのでやめとこう。
おいしいお菓子だけしか入っていないお楽しみ袋みたいな良い映画でした。