映画を観た記録

映画の感想を書きます

シンプル・シモン

f:id:driedfruits:20160608032158j:plain
ポスター、こわっ…

あまり考え込まずに、可愛くて楽しいラブストーリーだと思って観るといいですね

 

 

シモンの自分語り
「変化はキライ」「予定がずれるのがキライ」「ひとりが好き」「僕は変われない」
云々…

ヤバいこれ、
私じゃん……

さすがにシモンほどじゃないけどこれかなり、私じゃん…

 

と気づかされてショックを受けた。がすぐに立ち直った。
こういうのって多かれ少なかれ誰にでも当てはまると思ってるからそこまで単純に信じ込まない。
でも、自分の性格のために生きづらくて悩んでるグレーゾーンの人が「あなたは◯◯症候群ですんでこういう風にしたらいいですよ」って判定とアドバイスもらえたら、それはそれで自分の取り扱い方わかっていいかもしれないね

 

「北欧のかわいさ&白人の美造形」デコレーションがなかったら、ところどころ結構しんどいかもな〜と感じた。

昔近所にアスペルガーのもっとひどい感じの人がいて、その歩き方とか喋り方とか人との接し方がシモンそっくり。ていうかシモンの超強化版。あれは正しくはアスペルガーじゃなかったのかもしれないけど、家族は大変そうにしてたな。
この映画でも兄サムはその後どうなったんでしょうか。共依存ぽくなってたのがシモンの方が先に抜け出してたので兄は兄で自分の幸せ見つけて欲しい。

 

最後、シモンとイェニファーが抱き合ったりキスしたりせずに、指と指が触れ合っただけのままニコニコと見つめ合ってたシーンは良かった。

全体的に生々しくなくおとぎ話っぽかったので、深刻にならずに観れました。

 

f:id:driedfruits:20160608125438j:plain
日本版の方がポスターかわいいな

かもめ食堂といいフライングタイガーといい本作といい「北欧=オシャレでかわいい」のイメージに支配されすぎてるので、 逆に北欧のドス黒い闇を前面に押し出したものが何かあるなら見てみたい。