映画を観た記録

映画の感想を書きます

The LOOKOUT

f:id:driedfruits:20160408192407j:plain

犠牲になった銀行の守衛がマジでかわいそうだし、
ラブリー・レモンなんて名前の女信用するなよ…

 

 

 

2007年公開で、多分日本では未公開のJGL主演作品。

自分の運転が原因で起こした交通事故の後遺症のために、長期的な記憶を持つことができなくなったクリス(JGL)は、大した仕事にもつけず、リハビリセンターに通いながら日々を過ごしてた。そこに古い知り合いだと名乗る男があわられて何やら怪しい計画に参加することを強制される。

大体こんな話。

 

f:id:driedfruits:20160408192458j:plain
クリス・プラット

事故当時は高校生だった。蛍の光がよく見えるようにってことでヘッドライトを消して農道を爆走していたら停めてあったトラクターに激突する大事故を起こす。
事故以前の記憶は保持しているが、事故後はメモなしでは生活できないくらいの健忘性障害を負った人間になってしまった。感情も不安定で時々わけもなく涙が出るらしい。

一人では暮らしていけないため、リハビリセンターからあてがわれたリハビリ仲間のルイス(盲目のおっさん)と一緒に暮らしている。
昼間はセンターで脳のリハビリをし、夜は閉店後の銀行の掃除をしている。
人生において何も目標がなくいつもどことなく鬱屈としている。

 

f:id:driedfruits:20160408200138j:plain
ルイス(ジェフ・ダニエルズ

クリスと一緒に暮らしている盲目のおっさん。声がでかくおしゃべりで大体ウザい。
しかし困っているクリスを精神的に助けてくれるいいやつ。

 

f:id:driedfruits:20160408201638j:plain
ゲイリー
銀行強盗を企んでいるクリスの遠い知り合い。クリスが夜の銀行で一人掃除していことを知って、利用するために近づいた。

 

トレイラーからは「これはクライムサスペンスです!」って感じの雰囲気をバリバリ出ていたが実際は
「パパっ子ピヨっ子可愛がられっ子クリスが精神的に成長していく話」
だった。

約一時間半の映画だけど3分の2はクリス周りの説明だし、犯罪自体は壁に穴をブチ開けて金を盗み出すとかいう原始人みたいな内容だし…

あ〜、社会的にハンディキャップになってしまった自分が嫌でしょうがなかったんだな…と、昔の栄光と現在の凋落に折り合いをつけられない自分自身との戦いの話だったってことが、クソ鈍い自分は映画の途中でようやくわかった。

 

決行当日に銀行のマネージャーから、「掃除係から出納係に昇進」「今までフェアな待遇じゃなくてごめんね」って告げられて、「俺は一体なんてことをしようとしてるんだ」って一瞬で悔い改めてその気持ちをルイスに告げるシーンが良かった。

「俺はダサくない今もイケてるクリス・プラットなんだ」って気を張ってたのがガラガラと崩壊した瞬間だったな〜。ジ〜ンときた。

 

 

f:id:driedfruits:20160409023733j:plain

缶切りを探していたが場所を覚えられないので台所中引っ掻き回してめちゃくちゃにして結局見つからず、ルイスが帰ってくるまで何もせずにイラついて座り込んでるワガママ野郎
夜中の三時に突然電話かけてきて「何も聞かずに1,000ドル貸して」とか言うワガママ野郎

あと友達の守衛にもなんか心ないこと言ってたな。ルイスには大体全く気を使わない態度だし、同居してるのに女も連れ込む無神経野郎…。

それでもルイスに見守られ、銀行の守衛に見守られ、父母に見守られ、誘惑してきた女にも見守られ、なんならゲイリーにすら見守られてて、クリスはまわりから愛されてる幸せ者だってことがめちゃくちゃに強調されていた。本人はわかってないが…。
しかしわかってないからこそ、本人には自分の不幸しか見えないってことなんだろーな。

最後にはルイスと一緒にレストランを開店してたが、多分このクリスの愛されキャラのおかげでめっちゃ繁盛することでしょう。

クライムサスペンスとしてじゃなく、ヒューマンドラマだと思ってもう一回観たらすごく面白そうな感じでした。

誰とも感想を分かち合えなかったために妙に長くなってしまったぞ…