映画を観た記録

映画の感想を書きます

MADMAX 怒りのデスロード

f:id:driedfruits:20160202123658j:plain 
★★★★★
予備知識ありありで観てしまったことが悔やまれるが、IMAX 3Dで観れて幸せでした

 

もう DVD もBlu-ray も出てるのに劇場まで行ってきた。
昨年の劇場公開時に観に行けず悲しい思いをしていたが、帰国中のこのタイミングで再上映やってるなんて「観に行ってこい」と神的なものが最後のチャンスをくれたとしか思えない。

なのでせっかくだから IMAX 上映館で観てきた。


あ〜〜〜〜〜

勇気100倍になる映画だった。面白かったしかないぞ。
映画に出てくる人たち、善いも悪いも全員100%全力で生きてて、「ウオーわたしも怠けていられない〜〜〜!!」みたいな気持ちになった。

 

f:id:driedfruits:20160202183118j:plain

⚫︎マックスについて
あまりベラベラしゃべらないで行動で示すところや、ウダウダと迷ったりしないところがめちゃくちゃ頼もしかった。

  • スプレンディドが車から落ちた後、皆が「戻ろう」って言っても「轢かれたのを見たからこのまま行く」って言い切る
  • 黙って敵を全滅させて戻ってきて当たり前のようにしている
  • 砦に戻ると決めたらみんなを納得させた上で戻る

素晴らしいよね、、迷いがなくて。

後からどっかの雑誌に載っていたトムハのインタビューを読んだら、マックスという男を「すべて終わらせて一刻も早く家に帰ってくつろぎたいと思っているような男」と表現していて笑った。まさにそんな感じだし、別のところでは「過去に色々あったせいであんまり面倒なことには関わりたくないと思っているが、引くほど困っている人がいると助けてしまう」などと書かれていて、いいキャラだなあ〜!と心底思った。

最後すべてが片付いた後に砦に残らずにフラリとまた居なくなってしまう感じが「用心棒」や「椿三十郎」っぽかったな。。
とにかく強い奴が能力を発揮させているのを見るのが好きなので、映画を観ている間中マックスが大好きだった。

 

f:id:driedfruits:20160202183047j:plain

⚫︎フュリオサについて
昔「ターミネーター」を観て、物理的障害を自分の力で乗り越えていくサラ・コナーに憧れたものだったが、フュリオサを見てたらその時の気持ちが蘇ってきた。
強くて横暴なやつらと戦える強さがある女性を見るのは爽快だ。

最初トラックに乗って砦を出て行くあたりでは、目がすっごくウルウルキラキラしてて、美しい&すごい強いポジの女性かな?って感じがあったが、弱く美しい者(五人の妻たち)を守っているという立場がはっきりしたら、段々お母さんっぽく見えてきた。
強い時はすんげー強いんだけど、弱さを見せる時もあっていいキャラだな〜!と思った。

守られてる五人の妻たちといい対比だった。
「リロードして!」って言われてもできなくてまごついてるのを見ると、弱いってことの悲しさを感じる。役割が違うといえばそれまでなんだけど、他人に振り回されないためにはある程度力がいるよなあ〜って、砦にいる無力な人々を見て思う。
だから知恵と勇気と力のあるフュリオサが映画を観ている間中大好きだった。

あ〜〜〜〜〜

二人の主人公がかっこよくて全く面白いばっかりだ。
面白いしか言えなくて悔しい。そしてあらすじどころか大筋知った上で観に行ってることもだいぶ悔しい。出来ることならすべての記憶を抹消してもう一回まっさらな心で鑑賞したい。

とりあえずもう一回行ってきます。